本文へスキップ

TEL. 029-221-7740

〒310-0804 茨城県水戸市白梅3丁目9-7 白梅ビル2階

取扱い業務について

環境・公害紛争 記事(ふるさとを返せ 津島原発訴訟①)

私(弁護士・飯塚)は、事務所事件の他にも、東京や福島の弁護士と協同して、「ふるさとを返せ 津島原発訴訟」に携わっています。この訴訟は、平成23年3月11日の福島第一原発事故に伴う放射能汚染によって「ふるさと」を追われた、浪江町津島地区の住民による集団訴訟です。

津島地区の住民は、代々培われてきた伝統芸能や先祖が切り拓いた土地を承継しながら、地区住民がひとつの家族のように一体となって、豊かな自然と共に生活してきました。ところが、津島地区は、現在もなお放射線量の高い帰還困難区域と指定され、地区全域が人の住めない状況となってしまったのです。
津島地区の住民は、いつかはふるさとに帰れると信じながらも、いつになれば帰れるか分からないまま、放置されて荒廃していく「ふるさと」のことを、遠く避難している仮住まいから想う日々です。原発事故に対する責任に正面から向き合おうとしない国と東京電力を被告として、平成27年9月29日、福島地方裁判所郡山支部に集団提訴をしました。
この訴訟では、住民が「ふるさと」に帰る第一歩として、地区全域の放射線量の低下を求めるとともに、これまで「ふるさと」から切り離されてきたこと及び適切な情報提供を行わなかったことによる高濃度の放射線被曝に伴う健康不安に対する慰謝料を請求しています。

先祖から承継してきた事故前の生活を原発事故により奪われた人々は、津島地区の住民だけではありません。津島から福島、全国の被害者と連携しながら、一日でも早くふるさと「うつくしま」を取り戻せるよう訴訟内外で闘っていきます。

弁護士法人 茨城の大地

〒310-0804
茨城県水戸市白梅3丁目9-7
 白梅ビル2階

TEL 029-221-7740
FAX 029-221-7996